忍者ブログ
 5   4   3   2   1 
06  * 07/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   *  08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、日曜洋画劇場でこの映画が地上派初放送とのことで、録画していました。最近は公開した翌年にはもう地上派で放送してくれる映画が多いので、邦画好きの自分としては大変ありがたく、地上派初のものはとりあえず録画しておくのが日課になっています。今回もそんな感じで、特別見たかったわけではなく、録画予約したまましばらく忘れていたのを思い出し、とりあえず最初だけ見てみようかな・・・という軽い気持ちで見始めました。子どもの頃、映画館でドラえもんの映画を見に行ったことはありますが、今回3Dとはいえドラえもんの作品を見るのは軽く十年以上ぶりだったと思います。正直、そんなに期待もしていませんでした。

ですが、最初の5分ですっかり引き込まれてしまいました。とにもかくにも、映像が綺麗で圧倒されてしまいました。アニメのドラえもんは子どもの頃には毎週見ていたし漫画も読んだことがあるので、見なくなってかなりの年月が経ってもそれぞれのキャラクターや街並み、のび太の家や部屋の様子などはわりと記憶にありましたが、CGになるとこんなにリアルに迫力のある映像になるものなのかと、ただただ驚きでした。しばらくストーリーそっちのけで、映像ばかり見ていました。3Dの映画を今までほとんど見たことがなかったというのも大きかったかもしれないですが・・・。

原作のファンの人には賛否両論だとも聞きますが、私個人としては、純粋に綺麗な映像と、懐かしのストーリーが楽しめる良い作品だったと思います。何の事前情報もなく見始めたので、ストーリーはドラえもんシリーズの中でもかなり有名なうちの一つだということにも途中から気付いたくらいですが、感動シーンではやはり、わかっていてもジーンときてしまいました。

ドラえもんは、キャラクターとしては街でもよく目につきますが、テレビでいちいち見るものではなくなっていました。しかし今回の放送があって、また金曜日にアニメを見てみようかなと思うくらい、なんとも懐かしい気持ちになりました。いい歳ですが・・・。やっぱりドラえもんは国民的アニメだと再認識しました。

なかなか映画館に出向く時間のない日々なので、一年遅れでもこうして話題作がテレビで見られてとてもありがたかったです。

掻きむしる!頭皮のかゆみが我慢出来ない!眠れない場合の対処
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 日記というものをすなる。 All Rights Reserved